アンコール・ワット

提供: カンボジアWiki
ナビゲーションに移動 検索に移動

Wikipedia:ja:アンコール・ワット <flickr>137823960|thumb|m|right</flickr>

12世紀前半に時の王スールヤヴァルマン2世によって造られたヒンドゥー教寺院で、現存する石造建築物では世界最大。

カンボジアを代表する世界遺産で、現在のシェムリアップ地域にある。

目次

構造

アンコールワットはおよそ幅190mの堀に囲まれた1.5km×1.3kmの敷地にあり、西を正面に建っている。その大きさは50km離れた地点からも存在が確認できるほど。

第1回廊

南面東側天国と地獄

第2回廊

第3回廊

中央塔